政府はいつ緊急事態宣言の発令を決め、期間はどうなるのか。

フジテレビ政治部・鹿嶋豪心記者が中継でお伝えする。

まさにその具体的なすり合わせを、菅首相はこのあと、関係閣僚と行うことにしている。

政府内では、3つの都府県への宣言の期間は、来週26日から1カ月程度ではないかとの見方が出ている。

東京都は、3週間程度を想定しているもようだが、最終的には大阪府と足並みをそろえたい意向で、菅首相の周辺も、「期限は一緒にしないと混乱する」と話している。

京都府が宣言の要請を検討していることもふまえ、政府は週内に、宣言の対象と期間を決定したい考え。

宣言を発令する地域での対策の内容については、遊興施設や大型の商業施設などに休業要請を出し、人の流れを抑え込む対策が基本になるものとみられる。

ただ、大阪府が検討している飲食店への休業要請を含む対策については、政府内から「やりすぎだ」という声も上がっていて、調整は今後、本格化するものとみられる。