東京オリンピック・パラリンピックの選手村についてロシアのメディアが部屋に冷蔵庫やテレビがないなど設備の不足を指摘した。
大会組織委員会は早急に対応するとしている。

20日に行われた(組織委の)会見でロシアのメディアが(橋本会長に対し)選手村の部屋に冷蔵庫やテレビがなく、フェンシングの監督が「中世の日本みたいだ」と批判していたと設備の不足を指摘した。

冷蔵庫やテレビなどは国・地域ごとに組織委からレンタルするシステムとなっているが、橋本会長は「しっかり準備してきたが、まずはロシアチームに確認する」と早急に対応する考えを示した。


ロシアのフェンシングの監督は、ロシアメディアによる「中世の日本みたいだ」との自身の発言をめぐる報道について、FNNの取材に対し「自分は選手団の宿舎で風呂のフィルターが目詰まりしたという話をしただけ」と明らかにした。
また、「宿舎で起きたトラブルはすぐに対応可能なもので選手村に関係した皆さんに感謝している。五輪が高いレベルで開催され、このような誤解が早く忘れられることを願う」と付け加えた。
組織委員会は、有償レンタルの対象となっている冷蔵庫やテレビなどの備品について、ロシア選手団側から事前のオーダーがなかったとしている。