衆議院選挙に向けて、全国遊説を続けている立憲民主党の枝野代表は、新たな首相を指名する臨時国会で、新型コロナウイルス対策などの課題について、徹底議論すべきだとの考えを強調した。

立憲民主党・枝野代表は、訪問先の長崎県で、記者団に「選挙管理内閣とはいえ、政権ができたら、国会での議論を逃げずにやっていただきたい」と述べ、総選挙について、「今の政治状況に、不信と不満を抱いている皆さんの声を受け止めるような活動ができれば勝てる」と述べた。