午前8時半ごろ、大学入学共通テストが行われている東京大学弥生キャンパス(文京区)前の路上で、受験生ら3人が、男に刺された。刺されたのは、都内在住の72歳の男性、千葉県の男子高校生(18)、千葉県の女子高生(18)で、いずれも刃物のようなもので背中を刺された。

72歳の男性が刺された後、近くの交番に助けを求めたという。男子高校生は重傷の模様。女子高生は軽傷だが、70歳の男性は救急搬送後に容態が急変。現在、手術が行われているという。試験は予定通り行われている。

刺したのは17歳の高校生の男子生徒で、東大の敷地内で身柄を確保され、殺人未遂の現行犯で逮捕された。この高校生は、名古屋市在住で、受験生かどうかは分かっていない。被害者との関係なども不明。

調べに対して逮捕された高校生は「3人を切った」などと容疑を認めている。また、「犯行前に、付近に火を付けた」などと話しているという。

東京メトロによると、午前8時半ごろ、南北線東大前駅の改札付近で、爆竹のようなものがまかれて火が出たという。すぐに消し止められて大事には至らなかった。警視庁は、逮捕された高校生と、地下鉄構内で起きた爆竹騒ぎとの関連を調べている。