新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種が、20日から全国で始まった。

東京・港区の接種会場では、午前9時半ごろから接種が始まった。

このワクチンは、新型コロナの従来株とオミクロン株のうち、「BA.1」の成分を組み合わせたもので、現在、主流となっている「BA.5」にも一定の効果があると期待されている。

接種を受けた人「前回打ったのは3月。自分の周りで結構感染している人がいるので。気をつけて、自分が感染しなければ、人にうつさないという形で接種している」

まずは、3回目の接種から5カ月以上経過した60歳以上や、医療従事者などから接種を始め、10月半ばをめどに、2回目の接種を終えた12歳以上のすべての人に対象を拡大させる方針。