四国の南の海上で、台風15号が発生した。

23日からの3連休中には東海や関東に接近し、太平洋側を中心に、警報級の大雨が降るおそれがある。

23日午前9時、高知・室戸岬の南の海上で、台風15号が発生した。

今後、本州の太平洋側を東寄りに進み、23日夜から24日にかけて、東海や関東など東日本にかなり接近する見込み。

現在、台風が近づいている高知・室戸市では、海岸に白波が打ちつけていて、高知市では、1時間に36.0mmの激しい雨を観測している。

今後の雨の予想を見ると、午後は、東海から関東にかけて雨が強まる予想。

特に関東では、23日夜からが雨のピークで、警報級の大雨となるおそれがある。

23日からの3連休、特に24日の午前中にかけては、太平洋側を中心に天気が荒れるおそれがある。

今後も、最新の台風情報に注意する必要がある。