福岡・宗像市で、前を走っていた車に急接近するなどの「あおり運転」をしたとして、36歳の会社員の男が書類送検された。

警察によると、男は2020年4月、宗像市で普通乗用車を運転し、前を走っていた車にクラクションを鳴らしながら急接近して追い越したあと、進路をふさいで停車させるなどのあおり運転をした疑いが持たれている。

調べに対して、男は「相手にクラクションを鳴らされカッときて、謝罪させるためにやった」と容疑を認めている。

あおり運転を厳罰化した改正道路交通法は、6月30日から施行される。