小林製薬の紅麹原料を使ったサプリメントで健康被害が相次いでいる問題で、小林製薬は、原因物質になりうる「未知の成分」について、「プベルル酸」の可能性があると厚生労働省に報告したことがわかった。

小林製薬が健康被害のあった製品のロットに予定しない物質を検出したため高速液体クロマトグラフという手法で分析したところ、「プベルル酸」の数値が高かったということだ。

小林製薬によると、プベルル酸は大阪工場で混入した可能性が高いという。

厚労省によると、「プベルル酸」は、一般的に青カビからつくられる天然化合物で、抗生物質の特性を持つことが知られていていて、毒性が非常に高いということだ。

ただ、腎臓に対する障害は現時点では明らかになっていないとしていて、あらゆる可能性を検討し調査を進めことにしている。