早稲田大学の入試会場で、受験生が眼鏡型カメラ「スマートグラス」で試験問題を撮影し、流出させていたことがわかった。

捜査関係者によると、2024年2月、早稲田大学創造理工学部を受験していた当時高校3年生の男(18)が、化学などの試験問題を、眼鏡型の通信機器「スマートグラス」で撮影したという。

男は、撮影した試験問題を「スマートグラス」からスマホに送信し、X(旧ツイッター)に流出させ、外部の複数の人物から寄せられた解答をもとに答案用紙に記入していた。

男は「共通テストの結果が悪く不安だった」と話しているという。

警視庁は、偽計業務妨害の疑いで男を書類送検する方針。