菅首相は、就任後初めての外国訪問先となるベトナムに到着した。

菅首相は18日夜、真理子夫人とともに、政府専用機でベトナムのハノイに到着した。

19日午前、フック首相との会談に臨む。

菅首相は出発前、初外遊にASEAN(東南アジア諸国連合)の加盟国を選んだことについて、「日本が推進する『自由で開かれたインド太平洋』を実現するための重要なパートナーだ」と強調した。

そして、「地域の平和と繁栄のために貢献する決意を内外に示したい」と表明した。

さらに、「新型コロナウイルスの回復に向けた協力関係を結びたい」と述べ、首脳外交に意欲を示した。