トランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐる弾劾調査で、鍵を握るとされる現役国務省幹部が20日、議会で証言し、ウクライナ側への働きかけを「大統領の指示で行った」と証言した。

ソンドランド駐EU(ヨーロッパ連合)大使「大統領からの明確な指示に基づき、大統領の顧問弁護士とともに、ウクライナへの働きかけを行った」

20日の公聴会で、ソンドランド駐EU大使は、民主党のバイデン大統領候補に関する調査の見返りとして、ウクライナの大統領をホワイトハウスへ招待するよう、トランプ大統領の指示があったことを認めた。

また、多くの政権幹部が、これについて関わっていたとの認識も示した。

野党側は、さらに疑惑追及を強める構え。

一方、トランプ大統領は20日、この証言について、「『見返りは何もいらない』と彼に伝えた」とあらためて関与を否定している。