ウィンターブレイク中のグループリーグ3試合までの“レンタル”を主張か

 森保一監督率いるU-23代表は、1月8日からタイで開幕するU-23アジア選手権に出場する。国際Aマッチウィーク期間ではなく、代表チームに選手の拘束権がないため、海外組の招集はスコットランド1部ハーツでプレーするMF食野亮太郎のみにとどまった。しかし、その派遣期間と巡り、ハーツは従来通りのグループリーグ終了後の“返還”を強く主張しているという。英紙「デイリー・レコルド」が伝えた。

 U-23日本代表はU-22ジャマイカ代表戦(9-0)翌日の12月29日、タイで行われるU-23アジア選手権に向けたメンバー23人を発表。大会が国際Aマッチウィーク期間の開催ではないため、A代表にも選出されているMF堂安律(PSV)やMF久保建英(マジョルカ)、MF板倉滉(フローニンゲン)、そしてチームの主将を務めてきたMF中山雄太(ズヴォレ)の招集は叶わなかった。唯一の海外組となったのが食野だが、いつまで大会に参加できるかが焦点となっている。

 スコットランドリーグは現在ウィンターブレイク中で、ハーツは現地1月18日のカップ戦(エアドリーオニアンズ戦)まで試合がない。クラブとしては、五輪開催国の日本はすでに本大会出場権を持っているため、U-23アジア選手権のグループリーグ最終節となる15日のカタール戦までの参加を条件としているとされる。

 しかし、日本は大会を通しての参戦を要求。リーグ最下位に沈むハーツとしては、日本が決勝(26日)まで勝ち上がった場合、リーグ戦で16試合3得点を記録している食野を最大で3試合(18日のカップ戦エアドリーオニアンズ戦、22日のリーグ第22節ロス・カウンティ戦、26日のリーグ第23節レンジャーズ戦)欠く可能性があるため、交渉は難航しているという。

 記事では、「日本がジャンボス(ハーツの愛称)の要求を無視するようになっているため、ハーツはリョウタロウ・メシノを巡って衝突コースへ」と見出しを打ち、「タイで行われるオリンピック予選のグループリーグ戦の後、キーマンのメシノを戻して残留争いに力になるように主張。ハーツは日本のFA(サッカー協会)と対立する見込みだ」と伝えている。

 2019年ラストゲームとなった12月29日のリーグ第21節アバディーン戦(1-1)で強烈なミドル弾を叩き込み、「トーナメントに参加する前のラストゲームでゴールを決められて良かった」と語ったという食野。U-23アジア選手権では、大会を通してU-23日本代表の一員として戦えるだろうか。

Football ZONE web編集部