【GK&CB】U-23アジア選手権後の“勢力図”を考察 CBで唯一評価を上げたのは岡崎

 東京五輪世代となるU-23日本代表は、1月8日に開幕したU-23アジア選手権に参加。開催国として東京五輪の出場権こそすでに獲得している状況だが、本番のシミュレーションとして捉え、また真剣勝負の場で戦えることから実りの多い大会になると思われていた。

 しかし、予想に反してサウジアラビア(1-2)とシリア(1-2)に2連敗を喫してグループリーグ敗退が決定。最終戦でカタールに1-1で引き分けた結果、3戦未勝利という屈辱的な形で大会を後にすることになった。現状の国内組のベストメンバーが揃ったなかで挑み、想像以上に悪いインパクトを与えることになった今大会。この惨憺たる結果を受けたうえで、東京五輪の出場枠を手にする可能性を持つ有力候補たちが、どのような状況に変化したのか。今大会に出場した選手の“アピール度”を3段階で評価(◎→○→△)したうえで、ポジションごとの序列を探っていく。

【GK】
◎ 大迫敬介(広島)
— 谷 晃生(湘南)
— 小島亨介(新潟)
— 山口瑠伊(エストレマドゥーラ)ほか

 今大会では3試合すべてで大迫がプレー。クリーンシートは一つもなかったものの、プレー面に関しては安定感を見せていた。特に第3戦となったカタール戦では、後方からかなり大きな声で周りに指示や指摘をする場面が見られ、守護神としての自覚も強まっている様子。他の選手の台頭がないだけに、現時点で最有力候補であることは間違いないだろう。

 逆に言えば、2番手は完全に横一線だ。今回、選ばれた谷、小島ともにプレー機会は与えられず。12月の長崎遠征のU-23ジャマイカ戦で先発出場した山口を含めて、大迫に次ぐ存在としては全員に門戸が開かれている。今季、谷と小島はクラブを変えて新たな一歩を踏み出そうとしているだけに、彼らが新天地でどれだけ成長できるかが鍵を握る。

【センターバック】
― 冨安健洋(ボローニャ)
— 板倉 滉(フローニンゲン)
○ 岡崎 慎(清水)
— 岩田智輝(大分)
△ 立田悠悟(清水)
△ 町田浩樹(鹿島)
△ 渡辺 剛(FC東京)
— 瀬古歩夢(C大阪)
△ 古賀太陽(柏)
— 原 輝綺(鳥栖)
— 大南拓磨(柏)ほか

 CBの序列は以前と変わらず冨安と板倉が最有力候補のまま。海外で活躍する2人は、3月の遠征に呼ばれる可能性が高く、両者の並び立つ姿が見られるか注目だ。

 一方、今大会では相対的に見て、誰かが飛び抜けて良かったとは言えない結果となった。唯一、評価を上げたのは岡崎か。長崎遠征に続いての招集で、2試合連続CBの中央でプレー。PK献上こそあったが、ビルドアップや対人守備で自身の特長をしっかりと発揮していた。また第2戦、第3戦に出場した立田は、対人守備こそ緩さを見せたが、ボールを前線に運ぶプレーなどで違いを作り出したことは評価したい。

 逆に町田、渡辺、古賀は評価を落とす形に。痛恨のミスだけでなく、アジアの相手に競り負けたり、攻撃面で違いを見せられなかったりと、内容面を含めて序列を下げたと言っていいだろう。

【WB&ボランチ】サイドでは橋岡、相馬が好アピール ボランチ争いは「現状維持」

【サイドバック/ウイングバック】
○ 杉岡大暉(鹿島)
◎ 橋岡大樹(浦和)
◎ 相馬勇紀(名古屋)
— 菅原由勢(AZ)
— 菅 大輝(札幌)
— 長沼洋一(愛媛)
— 鈴木冬一(湘南)ほか

 チーム発足時から攻守の肝となるポジションとして注目されるウイングバックは、今大会で序列の変化があった。左サイドに関しては変わらずに杉岡がトップに立つ。タイでは久々の実戦となったなか、攻守にハードワークを繰り返して周りを助けた。今回、菅が出場機会を得られなかったことを考えれば、このポジションの一番手であることは間違いない。

 また右サイドで大きく評価を上げたのが橋岡だ。積極的な攻撃参加だけでなく、右CBでもプレーできるポリバレント性を披露。ピッチ内で声を出して周りを鼓舞する姿なども好印象だった。海外で活躍する菅原が11月の広島遠征でインパクトを与えることができなかったことを考えても、序列は上がったと言える。

 加えて、このポジション争いに食い込んできたのが相馬である。今回のタイでは、両サイドでプレーできる順応性を見せただけでなく、最後まで走り切る運動量、積極的なドリブルでの仕掛けは他を圧倒していた。フレキシブルにプレーできることをアピールできたことは、今後に大きくつながっていきそうだ。

【ボランチ】
— 中山雄太(ズヴォレ)
○ 田中 碧(川崎)
○ 田中駿汰(大阪体育大)
○ 齊藤未月(湘南)
△ 松本泰志(広島)
— 高 宇洋(山口)ほか

 U-23アジア選手権を終えて、ボランチ争いは「現状維持」の一言に尽きる。最有力は長崎遠征で圧巻のパフォーマンスを見せた中山。キャプテンとしてチームをまとめられることを示しており、CBでもプレーできることから当確候補の1人だ。

 今大会組では、際立ったパフォーマンスを見せられた選手はいなかった。もちろん田中碧と田中駿汰のダブルボランチは、ボールの引き出しから動かし方まで良さを見せたが、これまで以上のものが見られたかというと疑問が残る。苦しい状況のなかで変化を生み出すようなプレーをより見たかったところ。齊藤に関しては自身の特長であるボール奪取能力を発揮。メンタル面でも強さを感じさせた。ただ、奪った後の精度には課題を見せており、プレー面での改善がさらなる序列アップの鍵になる。

 唯一、厳しい評価とせざるを得ないのが松本だ。第2戦で先発出場したが、相手に怖さを与えるようなシーンがほとんどなく、ピッチで存在感を発揮できず。クラブに戻ってより成長したプレーを見せられない限り、厳しい状況は増すだけだろう。

【シャドー&FW】食野が“違い”見せるも上位4人は超えられず 小川、上田も厳しい評価に…

【シャドー/2列目】
― 久保建英(マジョルカ)
— 堂安 律(PSV)
— 三好康児(アントワープ)
— 安部裕葵(バルセロナ)
○ 食野亮太郎(ハーツ)
△ 旗手怜央(順天堂大)
△ 森島 司(広島)
△ 田川亨介(FC東京)
— 遠藤渓太(横浜FM)ほか

 海外組が揃うシャドーのポジション争いだが、今回の遠征に選ばれた選手たちのなかで、序列の高い選手たちを超えるパフォーマンスを見せた選手はいなかったと言える。唯一、違いを見せたのは食野だったが、個での打開力こそ示したものの、周りとのコンビネーションを使った攻撃はほとんどなし。また打てずに切り返す場面が多く、相手の守備に時間を与えることになるなど、マイナス面も見られた。上位4人を超えるまでには至らなかったというのが、今回の見立てだ。

 また旗手、森島、田川については出場機会こそ与えられたが、大きなインパクトを残すことができず。チームの戦術によって窮屈なプレーになっている部分はあるものの、その枠に縛られず、自分たちで攻略法を見出すような動きがあっても良かったと感じている。出場機会なしに終わった遠藤は、クラブで結果を残し続けて、再びチャンスをつかむしかない。

【FW】
— 前田大然(マリティモ)
△ 小川航基(磐田)
△ 上田綺世(鹿島)ほか

 最前線の序列最上位は、長崎遠征で攻撃だけでなく、驚異的なプレスバックで守備でも貢献した前田となる。マリティモでも徐々に結果を残しているだけに、前線では最有力候補の1人になったと言っていいだろう。

 逆に今大会に出場した2人に関しては、厳しい評価となってしまった。小川は第3戦でゴールを奪ったものの、プレーに幅を持たすことができず、シャドーとの関わりの部分でも違いを見せられなかった。また上田に関しても背後へのランニングやクロスへ飛び込む姿勢では“らしさ”を見せたが、今回もゴールという結果を残すことができず。互いに序列を上げるほどの結果、内容を見せることができなかった。

 もし、噂通りに大迫勇也(ブレーメン)がオーバーエイジ枠で入ることになれば、残る前線のポジションは1つか2つ。最後まで上位3人によるデッドヒートが繰り広げられることになるだろう。

Football ZONE web編集部