【識者コラム】A代表とは異なる五輪代表の強化方針 兼任の利点…柱はもう1本ある

 U-23アジア選手権のグループリーグ敗退によって、森保一監督の解任論が浮上している。解任するにしてもA代表と五輪代表のどちらの任を解くのか、両方なのかも議論は分かれるところだろう。ただしJFA(日本サッカー協会)は現状維持の方針のようで、筆者もそれが妥当ではないかと思っている。

 U-23アジア選手権の結果と内容は、監督解任で不思議のないものだった。東京五輪で金メダルを狙うチームがアジアのベスト8にも入れず、グループ最下位では話にならない。ただ今回の場合、それが解任に結びつかず、むしろ解任できない状況なのではないかと推測している。

 まず前提として、五輪代表の強化方針はA代表とは違う。これは主に、選手の招集に拘束力がないことからきている。A代表ならば、国際Aマッチデーの招集に拘束力があるが、年代別の代表にはそれがない。Jリーグは日本代表強化を謳っているので、選手の供出を拒否することは原則的にないだろうが、外国のクラブとなると事情は違う。そして現在は、五輪世代でも多くの「欧州組」が存在している。最悪の場合、欧州組を東京五輪に1人も招集できないことも理論上はありうるわけだ。

 この前提条件から、五輪代表の強化は2本立てになる。

 まず、準備段階および本番に招集可能な「国内組」の強化。こちらは主に横内昭展コーチが担当してきた。これが1本の柱。もう1本の柱は「欧州組」を中心に据えたものだが、こちらは強化試合に招集するのも簡単ではない。そこで、欧州組は拘束力のあるA代表として招集し強化していく。こちらは、A代表を兼ねる森保監督の担当になる。

 U-23アジア選手権の惨敗で、その1本の柱が折れたと言っていい。

 欧州組を思うように招集できない場合に主力となるチームだったが、それがアジアで惨敗では五輪本番では戦えない。こうなると、もう1本の柱に頼るほかないわけだ。欧州組の強化は、昨年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)の時に集中的に行われていた。

 大会後まもなく移籍した前田大然(マリティモ)、安部裕葵(バルセロナ)、三好康児(アントワープ)を含めると五輪世代の欧州組は8人いた。アジアカップに参戦したため、コパ・アメリカは欠席だった堂安律(PSV)、U-23アジア選手権で唯一の欧州組だった食野亮太郎(ハーツ)を加えると10人の欧州組が目下の候補だろう。

A代表監督を解任する理由がなく、五輪本番だけ誰かに代えるのは意味がない

 オーバーエイジ(OA)枠3人をフル活用し、GK2人が五輪世代の国内組と仮定すると、国内組のフィールドプレーヤーで五輪代表18人に入るのは4人程度ではないかと想定される。具体的に言えば橋岡大樹(浦和)、相馬勇紀(名古屋)、田中碧(川崎)の3人にプラス1人(CBかSBの控え)。

 最終的にそうしたメンバー構成になるのであれば、U-23選手権惨敗の影響はほぼない。柱の1本が折れたところで、もう1本あるわけだ。森保監督は柱の1本を維持できなかったとはいえ、そちらで五輪に臨むのでなければ、ここで責任をとらなければならない理由はない。兼任監督は都合がいいなという感じはするけれども、もう1本の柱の真価を東京五輪で問えばよい。

 コパ・アメリカがあったとはいえ、実質的な強化期間はここからのわずかな時間でぶっつけ本番に近く、必ずしも森保監督でなければならない理由もないわけだが、OA枠を含めてほぼ全員がA代表歴のあるメンバーになる以上、A代表監督が指揮を執るのが妥当だろう。というより、ここでの監督交代はA代表にも影響するのでJFAの方針からして、それは選択肢にないはずだ。

 東京五輪本番だけ誰かに指揮を執らせるのはあまり意味がなく、やってくれる人もいないだろう。やるならA代表も任せたほうがいい。しかし、A代表監督としての森保を解任する理由がないのだ。バヒド・ハリルホジッチ解任という過去があるので、やろうと思えばなんでもできるのかもしれないが……。

Football ZONE web編集部