レイニエルの獲得を受けて特集 “ブラジル人トリオ”だけで152億円超えを投じる

 レアル・マドリードがブラジルの18歳新星MFレイニエル・ジェズスを、フラメンゴから獲得したと発表した。移籍金は3000万ユーロ(約37億円)。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールや同FWロドリゴ・ゴエスらに続く逸材の加入を受け、スペイン紙「マルカ」では“銀河系軍団”とも呼ばれるレアルが「未来のスーパースターを探すために1億3200万ユーロ(約161億円)を費やしている」と報じた。

 レイニエルはブラジルの名門であるフラメンゴで昨年プロデビュー。昨季ブラジル1部リーグやコパ・リベルタドーレスを制したチームのなかで、17歳ながら公式戦15試合で6得点2アシストをマークした。

 そのプレースタイルから、ACミランやレアルで活躍した元ブラジル代表MFカカの後継者とも言われるレイニエルは、19日に18歳の誕生日を迎え、噂されていたレアルへの移籍を実現させた。移籍金は3000万ユーロと期待の大きさを物語っている。

 スペイン紙「マルカ」は、“白い巨人”の積極的な若手補強に注目。「レアル・マドリードは未来のスーパースターを見つけるために1億3200万ユーロを投じている」との見出しで、逸材発掘の動きを特集した。

 その高額な資金の大半を占めているのが“ブラジル人トリオ”だ。ロドリゴ(5000万ユーロ)、ヴィニシウス(4500万ユーロ)、そしてレイニエル(3000万ユーロ)と一昨季から立て続けにブラジルの至宝を獲得。3人に計1億2500万ユーロ(約152億5000万円)を投じた。

 そしてこのトリオ以外にも、スペイン代表MFマルコ・アセンシオに400万ユーロ(約5億円)、ノルウェー代表MFマルティン・エデゴーに300万ユーロ(約3億5000万円)を投じて、いずれも10代のうちに獲得。アセンシオはすでに主力選手の1人に成長し、レンタル移籍を繰り返すエデゴーもレアル・ソシエダでの活躍から、来季は復帰が濃厚とも言われている。ヴィニシウスやロドリゴもトップチームで出場機会を着実に増やしている。

移籍金ゼロで加入した久保も“未来のスーパースター候補”の1人として紹介

 また、記事では「才能に恵まれた日本のメッシ」として、日本代表MF久保建英(マジョルカ)も紹介されている。久保はFC東京からフリートランスファーでの加入だったが、レイニエルらに並ぶ未来のスーパースター候補生6人のうちの1人として注目される存在となっている。

 毎年のようにビッグネームが加入するレアルで、若手選手が競争に勝ち残るのは至難の技だ。新星レイニエルや久保ら才能を見込まれた逸材たちは、レアルのトップチームに定着することはできるのか。今後の活躍から目が離せない。

Football ZONE web編集部