香川、久保ともに先発フル出場 2部サラゴサが1部マジョルカに3-1勝利、国王杯16強進出

 スペイン国王杯3回戦は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ2部サラゴサと同1部マジョルカの一戦が行われ、サラゴサMF香川真司、マジョルカMF久保建英の“日本人対決”が実現した。3-1でホームのサラゴサが勝利したなか、マジョルカ公式ツイッターは試合直前に交わされた2人のやりとりを動画で公開している。

 香川、久保ともに先発に名を連ねた一戦は、ホームのサラゴサが優勢にゲームを進める。前半23分には、ゴールから約20メートルの位置で得たFKで香川がキッカー担当。右足から放たれた一撃はクロスバーを直撃し、惜しくもゴールとはならなかった。

 その後もサラゴサが押し気味にゲームを進めると、後半3分、ペナルティーエリア内でボールを受けた香川は、フリーで構えていたMFアレックス・ブランコに横パスを送り、先制点を演出。さらにサラゴサは同9分、30分にも加点すると、マジョルカの反撃を同40分の1失点に抑えて3-1と勝利した。

 そうしたなか、マジョルカ公式ツイッターは「サラゴサで日本人選手が対面:香川とタケが国王杯で対戦」と日本語で記し、試合前の2人のやりとりを動画で公開している。

 両チームがピッチに続くトンネル内で整列する入場直前、香川が久保に歩み寄り声をかけると、笑顔で握手と抱擁を交わした。香川にこの日のポジションについて聞かれたと見られる久保が、「えー、トップ下ですね」と回答した場面が収められていた。

 公式インスタグラムにも同じ動画が公開され、「2人のアメージングな選手」「熱狂をもたらす選手たち」「歴史に残る瞬間」とコメントが寄せられていた。現在は異なるカテゴリーでプレーしている2人なだけに、貴重なワンシーンとなったのは確かだろう。

Football ZONE web編集部