香川と久保の“日本人対決”が実現 サラゴサがマジョルカを3-1で撃破

 スペイン国王杯3回戦は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ2部サラゴサと同1部マジョルカの一戦が行われ、サラゴサMF香川真司、マジョルカMF久保建英の“日本人対決”が実現した。3-1でホームのサラゴサが勝利したなか、スペイン紙は「香川は誰が日本の王なのかを久保に思い知らせた」と大々的に取り上げている。

 香川、久保ともに先発に名を連ねた一戦は、ホームのサラゴサが優勢にゲームを進める。前半23分には、ゴールから約20メートルの位置で得たFKで香川がキッカーを務め、右足から放たれた一撃はクロスバーを直撃し、惜しくもゴールとはならなかった。

 その後もサラゴサが押し気味にゲームを進めると、後半3分、ペナルティーエリア内でボールを受けた香川は、フリーで構えていたMFアレックス・ブランコに横パスを送り、先制点を演出。さらにサラゴサは同9分、30分にも加点すると、マジョルカの反撃を同40分の1失点に抑えて3-1と勝利した。

 ともにフル出場を飾った香川と久保にとっては明暗が分かれることになったが、スペイン紙「AS」は「香川は誰が日本の王なのかを久保に思い知らせた」と見出しを打ち、初の直接対決は香川に軍配が上がったと取り上げている。

「クロスバー直撃のシュートを放ち、1-0とするアシストを記録し、最高のチャンスでは心地のよいパイプ役を務めた」と、試合を通して存在感を発揮したと強調。12歳差と年齢がひと回り異なる両司令塔だが、今回の対決では“先輩”が貫禄を示すことになった。

Football ZONE web編集部