サラゴサがマジョルカを3-1で破り国王杯16強に進出 「香川真司が頂点に立った」

 スペイン国王杯3回戦は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ2部サラゴサと同1部マジョルカの一戦が行われ、サラゴサMF香川真司、マジョルカMF久保建英の“日本人対決”が実現した。3-1でホームのサラゴサが勝利し、ベスト16に進出したなか、海外メディアは試合前に健闘を称え合った2人に注目し、「多くの視線が釘付けとなった」と伝えている。

 香川、久保ともに先発に名を連ねた一戦は、ホームのサラゴサが優勢にゲームを進める。前半23分には、ゴールから約20メートルの位置で得たFKで香川がキッカーを務め、右足から放たれた一撃はクロスバーを直撃し、惜しくもゴールとはならなかった。

 その後もサラゴサが押し気味にゲームを進めると後半3分、ペナルティーエリア手前でボールを受けた香川は、フリーで構えていたMFアレックス・ブランコに横パスを送り先制点を演出。さらにサラゴサは同9分、30分にも加点すると、マジョルカの反撃を同40分の1点に抑えて3-1と勝利した。

 スペイン紙「AS」英語版は「香川真司とサラゴサが久保建英のマジョルカとのバトルで頂点に立った」と見出しを打ち、「2人の日本人選手に多くの視線が釘付けとなった」と取り上げている。また、「香川はトンネル内で18歳に挨拶するために同胞を探し回る好意まで見せた」と言及している。

「握手し、互いの健闘を称え合った」と綴り、日本のスター同士の競演に脚光を当てていた。香川と久保の対決は、日本だけでなく海外でも注目を集める事象だったようだ。

Football ZONE web編集部