ケインの負傷離脱により、スターを求めるトットナムが緊急補強も

 プレミアリーグのトットナムは、チーム強化のために戦力補強を考えおり、かつて在籍していたウェールズ代表FWガレス・ベイルをロンドン北部に戻すため、レアル・マドリードに接触するようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 今季のベイルは負傷に苦しめられ、出場機会は限定的になっている。レアルは適正なオファーが届き次第、ベイルの売却に応じる可能性があるという。

 トットナムでは、イングランド代表FWハリー・ケインが負傷により4カ月の戦線離脱を強いられることとなった。シーズン序盤から結果が出ず、マウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任し、現在はジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を執っている。

 現在30歳のベイルは、2013年にレアルに加入するまで、6シーズンにわたってトットナムでプレー。その期間、公式戦通算146試合に出場して42ゴールを記録している。その後、当時の史上最高額となる1億ユーロ(約130億円)でレアルへ移籍し、6年契約を結んだアタッカーの帰還は、ケインを失ったトットナムにとって“新スター獲得”とも言えるものだ。

 レアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで、ファンからブーイングや口笛を浴びせられる場面も見られるベイルにとっても、モウリーニョ監督が率いるクラブに戻る選択は、決して悪いものではないだろう。

 ベイルとレアルの契約は2022年までとなっている。マルカ紙は「これからシーズンが終わるまで、何が起きても不思議ではない」と伝えているが、世界が注目するビッグディールが成立するだろうか。

Football ZONE web編集部