国王杯3回戦、2部サラゴサが1部マジョルカに3-1勝利 香川と久保はともに先発出場

 スペイン国王杯3回戦が現地時間21日に行われ、スペイン2部サラゴサと同1部マジョルカが対戦した。サラゴサMF香川真司、マジョルカMF久保建英の“日本人対決”が実現し、ホームのサラゴサが3-1と勝利したなか、スペイン紙は「輝かしいキック」と先輩のパフォーマンスを称えている。

 香川、久保ともに先発に名を連ねたなか、前半23分に見せ場が訪れる。ゴールから約20メートルの位置で得たFKで香川がキッカーを務め、右足から放たれた一撃はゴールに吸い込まれるかと思われた。しかし惜しくもクロスバーを直撃し、ゴールとはならなかった。

 その後もサラゴサが押し気味にゲームを進め、後半3分に相手エリア内でボールを受けた香川は、MFアレックス・ブランコに横パスを送って先制点を演出。さらにサラゴサは同9分、30分にも追加点を奪った。一方のマジョルカは同40分に1点を返すも、サラゴサが3-1と勝利した。

 スペイン紙「AS」は両軍の選手を3段階で評価(最高が3)。最高評価3を得たのは、1ゴールのサラゴサFWハビ・プアドで、香川はそれに続く評価2となった。一方、久保は見せ場なく終わり、評価1にとどまっている。

 またスペイン紙「マルカ」は、日本人対決のなかで先輩アタッカーの香川を称賛。「カガワのフリーキックはゴールバーに当たりゴールにならなかった。日本人選手の輝かしいキックは、疑いようのない質の高さを明らかにした」と絶賛しつつ、「残念なのはそのイレギュラーさ」と指摘して、さらなる活躍に期待を寄せていた。

Football ZONE web編集部