異なる3シーズンで15アシスト以上を記録した史上初の選手に

 マンチェスター・シティは現地時間21日、プレミアリーグ第24節シェフィールド・ユナイテッド戦で1-0と勝利した。この試合、唯一のゴールを決めたのはアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロだったが、それをお膳立てしたベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの記録に注目が集まっている。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「パスマスター、デ・ブライネがプレミアリーグのアシスト記録を樹立」と報じている。

 首位リバプールを追いかける2位のシティは、前半35分にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズがエリア内で倒されてPKを獲得。しかし、ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスのシュートが、相手GKに阻まれて先制のチャンスを逃してしまう。

 チャンスを生かせないシティを救ったのが、司令塔デ・ブライネと途中出場したアグエロだった。後半28分、右サイドからデ・ブライネが相手DFとGKの間を通す絶妙なグラウンダーのクロスをゴール前へ供給。これを相手の裏を取ったアグエロが押し込んでネットを揺らし、先制点を挙げた。このゴールを守り切り、シティは1-0で勝利を収めている。

 デ・ブライネはこれで今季15アシスト目を記録。2016-17シーズンに18アシスト、2017-18シーズンに16アシストを記録しているが、プレミアリーグの異なる3シーズンで15アシスト以上を記録した史上初の選手となった。

 今季、デ・ブライネは7ゴールを決めており、2シーズン前に記録したキャリア最多の8ゴールに、あと「1」に迫っている。多くのゴールを演出しているデ・ブライネの存在は、逆転優勝を目指すシティにとっても心強い存在だ。

Football ZONE web編集部