「リバプール・エコー」がシュールズベリー戦で先発と予想…“得点オッズ”も記述

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間23日、プレミアリーグ第24節ウォルバーハンプトン戦(2-1)でプレミアデビューを飾った。次なる出場機会が注目されるなか、地元紙「リバプール・エコー」は、現地時間26日に行われるFA カップ4回戦3部シュールズベリー戦における得点オッズを公開。移籍後初ゴールが期待される南野が、試合中に得点するオッズは「2.1倍」となっている。

 1月1日付けでオーストリア1部ザルツブルクからリバプールに正式加入した南野は、5日のFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)で途中出場し、公式戦デビューを飾った。その後、リーグ戦2試合ではベンチ入りしていたものの、出場機会に恵まれずプレミアデビューとはならなかった。

 だが、リーグ戦ウォルバーハンプトン戦では再びベンチスタートとなったものの、前半31分過ぎにセネガル代表FWサディオ・マネが負傷。この緊急事態に南野が呼ばれ、同33分にプレミアリーグのピッチに立った。最後までプレーし続けた南野は、リバプールで新たな一歩を踏み出した。

 同紙は南野の次なる出場機会を、現地時間26日のFAカップ4回戦と予想。スイス代表MFシェルダン・シャキリとイングランド代表MFアダム・ララーナのコンディションに疑いがあるため、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの代役は南野が担う可能性が高いと主張。そのうえで、アンフィールドで静かに動き出した南野が、相手にとって「脅威となる可能性がある」と伝えている。

 また、この試合において南野が試合中にゴールを奪うオッズは「2.1倍」、一番初めにゴールを決めるオッズは「6.5倍」としている。多くのサポーターから初ゴールを期待されている南野は、シュールズベリー戦でゴールを決めることはできるのだろうか。

Football ZONE web編集部