リバプールはFA杯4回戦でシュルーズベリーに2-2のドロー

 リバプールは現地時間26日、FAカップ4回戦でシュルーズベリーと対戦し、2-2と引き分けた。先発出場を飾った日本代表MF南野拓実は先制点に関与したものの、主力を温存したチームは2点差のリードを追いつかれ、再戦が決定した。

 1月1日付けでリバプールに加入した南野は、5日に行われたFA杯3回戦エバートン戦(1-0)で公式戦の初陣を飾った。また、23日に行われた第24節ウルヴァーハンプトン戦(2-1)では前半33分にセネガル代表FWサディオ・マネが負傷し、緊急投入でリーグ戦デビューを果たしていた。

 ウルブス戦は南野投入と同時に4-4-2システムへと変更し、前半は左サイドハーフ、後半は右サイドハーフを務めたが、シュルーズベリー戦では4-3-3システムの最前線に配置された。序盤から優勢に試合を進めるなか、スコアが動いたのは前半15分だった。

 相手のスローインをクロアチア代表DFデヤン・ロブレンがクリアし、南野が足元に収め、MFペドロ・チリベジャへ横パス。そこからダイレクトのスルーパスが送り込まれると、ペナルティーエリア左に抜け出したMFカーティス・ジョーンズが流し込んで先制点を奪った。

 後半開始早々の1分には右サイドからDFネコ・ウィリアムズがクロスを放り込むと、相手DFが処理を誤り、オウンゴールで追加点を手にした。しかし、同20分に献上したPKを決められ1点差に詰め寄られると、同30分に同点弾を決められるまさかの展開となる。

 主力を温存していたリバプールは、後半35分にエースのエジプト代表FWモハメド・サラー、同38分に南野に代わってブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを慌てて投入。しかし、決勝点を奪い切れないままドローに終わり、過密日程のなかで痛恨の再戦が決まった。

Football ZONE web編集部