世界的なスター選手がそれぞれ誕生日を迎え、SNS上も賑わいを見せる

 2月5日、欧州サッカーで輝かしい足跡を残している選手たちが誕生日を迎えた。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」はその中から5人を選出している。

 まずはユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。1985年生まれのロナウドは35歳の誕生日を迎えた。その年齢を感じさせないようなゴールハンターぶりは健在で、セリエAの得点王争いでも2位につける。そして「フオリクラッセ(規格外の選手)であり、5回のバロンドールに5回のチャンピオンズリーグ(CL)。サッカー界のスターで、インスタグラムは2億人がフォローする」と紹介されている。

 そして、28歳となったパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールに関しては、「サッカーの歴史で最も高額な2億2200万ユーロ(約246億円)で移籍した。2015年にはCLで優勝し、決勝でもゴールした」と言及している。

 マンチェスター・ユナイテッドやユベントスなどでプレーした元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは36歳の誕生日。ユナイテッド時代には1歳差のロナウドとCL決勝まで進出したが、バルセロナに敗れた。その後はユベントスで「10番」をつけてCL決勝進出に導いている。

 ややオールドファンに馴染みがあるのが、“東欧のマラドーナ”と呼ばれた元ルーマニア代表MFゲオルゲ・ハジだ。天才的なゲームメークを見せたレフティーは55歳になった。そのハイライトを「1994年のアメリカ・ワールドカップで、アルゼンチンを破って8強に進んだ」と紹介されており、ガラタサライではUEFAカップも勝ち取っている。

 そして指導者では、イングランド代表などを率いたズベン・ゴラン・エリクソン氏だ。「72歳になった名将は、ラツィオが最後にセリエA優勝を飾った1999-2000シーズンの監督。イングランド代表では不運だった」と記されている。

 世界的にもスターと言える存在が誕生日を迎えた2月5日だけに、SNS上も賑わっていた。

Football ZONE web編集部