バルサOBのプティ氏はマンUやマンCがメッシ獲得に動くことに疑問「数年前なら…」

 かつてバルセロナに所属した元フランス代表MFエマニュエル・プティ氏は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがトップレベルで戦える時間は残りわずかだと考えているようだ。そのため、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティといったクラブが、彼を獲得しようとしていることに疑問を呈している。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 アーセナル、チェルシー、さらにバルサでもプレーしたプティ氏は、ユナイテッドやシティに対し、バルセロナのスター選手であるメッシの獲得に動くべきではないと進言した。

「正直に言うと、彼はイングランドのインテンシティーに耐えられないと思う。彼は密着され、ぶつかり合うことを嫌うからね。スペインで彼は守られている。もちろん、イングランドのファンにとっては彼のプレーを見ることができれば喜びだろう。それでもマンチェスター・シティのようなクラブが、32歳、33歳のメッシに動くのは不思議でならない。もし、メッシを獲得したいなら、彼らは数年前に動くべきだった」

 プティ氏が主張したのは、35歳になったユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの違いだ。

「メッシはクリスティアーノ・ロナウドではない。身体的に、彼は同じようなマシンじゃない。ロナウドはモンスターだ。でも、32歳のメッシは最高の状態でいられるのはあと1、2年だろう。バルサで素晴らしい選手たちとプレーしていても、同じようなスピードでドリブルする能力を維持できないだろう。彼自身も終わりが遠くないことを理解しているはずだよ」

 メッシがバルセロナを離れるのではないかという話は、スポーツディレクターのエリック・アビダル氏との衝突に加え、契約が2021年6月までとなっていることから強調されるようになった。

「アビダルとメッシの状況は、次の移籍市場でどうなるかによって変わってくる」

 プティ氏は「アビダルとメッシの状況は、次の移籍市場でどうなるかによって変わってくるだろう。昨夏、例えばネイマールのような選手が加入すると様々な噂があったが実現しなかった。多くの選手はそれに対して不満に思っていたからね」と、チームがしっかりと補強できれば問題ないだろうと話している。

「アビダルは最近、同じくバルサのレジェンドであるシャビとも揉めたばかりだ。シャビがバルサの監督になるのではないかという話があったが、実際にどういう話があったのかは理解できない。シャビのリアクションを見ると、コミュニケーションが不足していたように感じるし、誰かが嘘をついているね。同じようなことがメッシにも起きた。私たちはメッシがあのようにSNSを通じて発言することを見たことがない。普段の彼は大人しいから、明らかに怒っていたのだろうね。クラブは次の移籍市場を見ているし、アビダルがどのように責任果たすかも注視しているはずだ」

 国王杯・準々決勝でアスレティック・ビルバオに0-1で敗れ、様々な問題が表面化してきたバルセロナ。リーガ・エスパニョーラの首位の座も宿敵のレアル・マドリードに譲っているなかで、チームは一枚岩となり逆転優勝を目指せるだろうか。

Football ZONE web編集部