日本女子バスケ代表・渡嘉敷来夢と食事 SNSで写真を公開しつつ裏話も吐露

 スカイ・ブルーFCに所属するなでしこジャパン(日本女子代表)FW川澄奈穂美が自身の公式ツイッターを更新し、“焼肉ショット”を公開しつつ、「ツーショット撮り忘れたよね」と裏話を明かしている。

 川澄は先日、渡米に向けた証明写真を自身のツイッターに投稿。「証明写真を撮っていたら幼児(推定2歳)に乱入されました。ブレない心でちゃんと撮れました」と報告し、新シーズンに向けた準備を進めている。

 そんななか、親友である日本女子バスケ代表の渡嘉敷来夢(JX-ENEOSサンフラワーズ)と食事に出かけたようだ。13日に更新したツイッターでは「ゆうじまた行きました」と綴り、写真2点をアップ。私服姿の川澄と渡嘉敷がそれぞれ別で写っており、ハッシュタグで「#1週間経たずに再来店 #外の席も良かった」と振り返っている。

 また「#ツーショット撮り忘れたよね」と撮影ミスを吐露。続けて「#セルカ棒あったのに #ちゃんと使ってくれよ #セルカ棒とはらむの手のことです」と冗談交じりに締めくくっている。渡嘉敷も自身のインスタグラムを更新し、「久しぶりの焼肉は最高でした」と記していた。コメント欄では、ファンから「ぜったいうまい」「いいなぁ」などの声が上がった一方、「セルカ棒呼ばわり」と川澄のジョークにも反応している。

 ラジオ出演や小学校訪問など、オフ期間も慌ただしい日々を送っている川澄だが、友人とリラックスした時間を過ごしながら英気を養ったようだ。

Football ZONE web編集部