グアルディオラ監督の退団や最悪英4部リーグまで降格する可能性が囁かれるが…

 レアル・マドリードは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦でプレミア王者マンチェスター・シティと激突する。財政規約違反でCL2年間の出場停止に揺れるシティとの対戦となるが、ジネディーヌ・ジダン監督は「彼らが強いことに変わりはない」と慎重な姿勢を貫いている。

 UEFA公式サイトによると、シティは2012年から16年にかけて提出したスポンサー費について過大な計上があり、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の「重大な違反を犯したことを発見した」と発表。これを受け、2020-21シーズンから2年間、UEFA主催大会への出場禁止処分が下された。

 これに伴い、シティでは主力選手やジョゼップ・グアルディオラ監督の退団、最悪の場合はチームが英4部リーグまで降格する可能性が伝えられるなど波紋を広げている。

 そうしたなかで、今月末には今季CL決勝トーナメントがスタートする。渦中のシティと対戦するのがレアルのジダン監督は、「今回のことで何かが変わるのかは私には分からない。私はフットボールのこと、彼らと対戦する試合のことだけを話す」とコメント。「彼らは強い、競争力のあるチームだということに変わりはない」と一切の油断は見せていない。

 シティ戦までに負傷離脱中だったベルギー代表MFエデン・アザールの完全復活も予想されている。欧州王座奪還を目指すジダン監督はピッチ外の騒動は取るに足らないものと考えているようだ。

Football ZONE web編集部