ドルトムントがPSGに2-1勝利 新加入ハーランドが2ゴールの活躍

 ドルトムントは現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、ホームで2-1と勝利を収めた。ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが2ゴールを奪う殊勲の活躍を披露したが、決勝点となった2点目の衝撃ミドル弾に英メディアは「圧倒的なサンダーボルト」と脱帽している。

 今冬に2000万ユーロ(約23億円)でザルツブルクからドルトムントに移籍したハーランドは、1月18日に行われたブンデスリーガ第18節アウクスブルク戦(5-3)がデビュー戦となったが、途中出場からいきなりハットトリックを達成。その後も破竹の勢いで得点を重ね、リーグ戦5試合で8ゴールを記録している。

 加入からたった1カ月でエースストライカーとしての地位を確立したハーランドはPSG戦でも後半24分に先制点を奪うと、同30分に同点弾を許した2分後、衝撃的な決勝弾を叩き込む。MFジョバンニ・レイナがドリブルで敵陣に侵入し、ハーランドがペナルティーエリア前でパスを受けると、素早く左足を一閃。矢のように放たれた一撃はゴール左上に突き刺さった。

 この強烈な一振りを、英メディア「スポーツ・バイブル」は「ハーランドはこの夜に2ゴールを決めたが、2発目は圧倒的なサンダーボルトだった」と取り上げ、「凶暴な一撃を炸裂させ、ナバスは止めようがなかった」と、名手として名高いPSGのGKケイラー・ナバスでもなす術がないゴールだったと振り返っている。

 ハーランドはザルツブルク時代を含め、今季CLで7試合10ゴールを記録。19歳の新星は、今やサッカー界の“時の人”となっている。

Football ZONE web編集部