ドルトムントがPSGに2-1で先勝 ハーランドは2ゴールをマーク

 ドルトムントは現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、ホームで2-1と競り勝った。ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが、2ゴールを奪って勝利の立役者となったなか、英メディアはハーランドが試合のワンシーンで見せた爆発的なスプリントに注目している。

 今冬に2000万ユーロ(約23億円)でザルツブルクからドルトムントに加入したハーランドは、デビュー戦となった1月18日のブンデスリーガ第18節アウクスブルク戦(5-3)で途中出場からいきなりハットトリックを達成。その後も破竹の勢いで得点を重ねており、リーグ戦5試合で8ゴールを記録している。

 PSG戦でも後半24分に先制点を奪うと、後半30分に同点弾を許し1-1で迎えた同32分、MFジョバンニ・レイナがドリブルで敵陣に侵入し、ハーランドがペナルティーエリア前でパスを受けると、素早く左足を一閃。矢のように放たれた衝撃ミドル弾をゴール左上に叩き込んだ。

 そんななか、英メディア「スポーツ・バイブル」は「ハーランドが10秒間でピッチ全域を網羅した」と見出しを打ち、前半14分の場面に注目。PSGのCKからカウンターを発動すると、イングランド代表MFジェイドン・サンチョが自陣から力強いドリブルで相手ペナルティーエリア手前まで運び、右足のシュートを放った。

 CKのボールをヘディングでクリアしたのはハーランドだったが、そこから爆発的なスプリントでゴール前まで走り込んでいた。記事では「ハーランドは信じられないスピードを見せ、ボックスからボックスまで10秒以内で走り抜けた」と説明し、「この19歳は、DFからすぐにアタッカーへと変貌し、強烈なスタミナを披露した」と称賛している。

 今季ザルツブルクで大ブレークを果たしたハーランドだが、強豪ドルトムントに加入してわずか1カ月で、エースストライカーの座を確固たるものとしている。

Football ZONE web編集部