【ドイツ発コラム】CLラウンド16でPSGに2-1先勝、フンメルスも守備に手応え

 今季のドルトムントは、はまった時の攻撃力こそ素晴らしいが、はまらない時の脆さも相当なものがある。

 8日に行われたブンデスリーガ第21節レバークーゼン戦(3-4)は最たる例だ。華麗なコンビネーションから3得点を挙げながら、守備時のバランスが崩壊し、スペースをいいように使われての4失点逆転負け。どうすれば安定したパフォーマンスを発揮することができるのか。18日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦で対決するパリ・サンジェルマン(PSG)にはブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアという強烈なアタッカー陣が揃う。こんな不安定な守備で抑えられるのかという心配が、ファンにはあった。

 だが、そんな不安を吹き飛ばす素晴らしいパフォーマンスをドルトムントは見せてくれた。

 90分を通して非常に組織だった守備でPSGの攻撃を防いでいく。マークの受け渡し、守備ゾーンでのプレスのかけ方はとても機能していた。ネイマール、ムバッペ、ディ・マリアが良い形でボールを持てない。失点シーンこそ、ムバッペの強烈な個人技の素晴らしさもあり、完全に崩されてしまった。だがそれ以外は、決定的なチャンスを与えることなく、ゲームをコントロールした。

 ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルは、試合後のミックスゾーンで「僕らはいいオーガナイズでアグレッシブにプレーできたよ。パリには強烈な攻撃陣がいる。ネイマール、ムバッペ、ディ・マリア。彼らにスペースを与えてしまうと怖い。チーム全員でファイトしようとしていたし、それができたと思う」と満足気に振り返っていた。

 守備の要である元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、「今日のチームパフォーマンスにはとても満足できると思うよ。素晴らしい試合になった。失点シーン以外、相手の攻撃を自分たちのゴールから遠ざけることができた。オーガナイズがしっかりしていて、気持ちが入ったプレーが見られて、90分通して高い集中力を保ち続けることができた。間違いなく順当な勝利だったと思う」と、自分たちのプレーに手応えを感じていたようだ。

新加入のジャン、闘争心溢れるプレーでリーダーシップを発揮

 フンメルスは11月のバイエルン戦で0-4と完敗した後、「僕らはまだトップチームではないということ」と苦言を呈していたが、今回は「チームとして組織だって守れていることが大きいね。前線の選手がすごくいい守備をしてくれているし、スペースを消して、ボールの奪い合いにも積極的に汗をかいている。自分たちのやるべきことを素晴らしく実践できていると思う。フランクフルト戦(第22節/4-0)や今日の試合のようなプレーができたら、僕らは本当に本当にいいチームだと思う」と誇らしく語っていた。

 最終ラインでコンビを組んだDFダン=アクセル・ザガドゥとポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクは、それぞれ1対1の局面で何度もボールを奪い取り、ビルドアップでもリズム良くパスを回していた。組織的な守備が機能しているなかで、フンメルスの経験はひと際輝く。最後尾で相手の攻撃を完全に読み取り、ペナルティーエリアへの侵入を許さない。

 そして守備の安定を語るうえで、ボランチとしてブンデスリーガ前節フランクフルト戦からスタメンで起用されているドイツ代表MFエムレ・ジャンの活躍が外せない。

 加入してまだ数週間だが、早くもリーダーシップを発揮し、ピッチ内外でチームを率いる存在となっている。先に挙げたレバークーゼン後には、「リードしている試合の運び方として物足りない。汚れ仕事をもっとしっかりとしないと」と、ズバッと自分たちの弱点を口にしていた。

 この日、ジャンが見せたパフォーマンスはまさにファンが待ち望んでいたものだった。中盤で休むことなく相手選手にプレッシャーをかけ続けていく。競り合いを恐れずに、だからと不用意に飛び込まずに、何度も体を張ってボールを奪い取る。

 象徴的なのが、ドリブル突破を図るネイマールを体ごと押し倒してファウルにしたシーンだ。満員のスタジアムからは大きな拍手が起こった。闘う選手が、熱いハートを感じさせてくれる選手が渇望されていた。ファンは自分たちの思いを全身で受け止めて、それを体現してくれる選手を求めていたのだ。

 フンメルスはそんなジャンについて、「安定感をもたらそうとしてくれている。非常にフィジカルコンタクトに強いし、アスレチック能力が高い。競り合いを恐れないし、全身から気持ちを外に出してプレーしてくれる。まだウチにきて数週間だけど、素晴らしい補強だと思う。彼は勝者のメンタリティーを持っている。どんな試合でも勝ちたいし、そのために全力でやるべきことに取り組んでいくんだ」と称賛していた。

ハーランドの2ゴールと同様、ハイレベルな守備が勝利を手繰り寄せる

 この日のMVPは、鮮烈な2ゴールで世界を驚かせたノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドなのは間違いない。だが、勝利を手繰り寄せたのはジャンやヴィツェル、フンメルスを中心に見せてくれたチーム全体によるハイレベルな守備だった。

 第1戦での2-1勝利は勝ち抜けへの保証にはならない。ホームとアウェーは違う。パリでの一戦は、非常に厳しい試合になることだろう。第2戦に向けてヴィツェルは、「今日と同じようなスピリットでパリに向かわなければならない」と語り、フンメルスも「相手がここで諦めたりなんてしないし、アウェーでは全く別の雰囲気になる。次の90分、難しい試合になるよ」と気持ちを引き締めていた。

 どんな試合になるのだろう。サッカーファンとしては、スリリングな展開が楽しみでならない。

Football ZONE web編集部