相手の激しい守備の前に沈黙、チームは3試合ぶりの黒星

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間1日、リーガ・エスパニョーラ第26節のヘタフェ戦に2試合連続でスタメン出場。右サイドで攻撃の起点となるも得点に絡むことはなく、チームも0-1で敗れた。

 1月19日の第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続いていた久保だが、前節ベティス戦(3-3)で6試合ぶりに先発復帰を果たすと、1得点1アシストの大活躍を見せた。そして本拠地ソン・モイシュにリーグ6位の難敵ヘタフェを迎えた今節も引き続きスタメンに名を連ね、右サイドハーフに入った。

 UEFAヨーロッパリーグでアヤックスを破ってベスト16に進出するなど、充実のシーズンを送るヘタフェは、この日も球際の激しい守備と組織力で隙を見せない。一方のマジョルカは、チーム最多9ゴールのFWアンテ・ブディミルを欠くなか、思うように攻撃の形を作れず。久保も前半、サイドでボールを受けて何度か攻撃を仕掛けたが、決定的なシーンを迎えることはなかった。

 0-0で折り返した後半も、試合の流れは大きく変わらない。ビセンテ・モレノ監督は後半11分、MFサルバ・セビージャを下げてFWパブロ・チャバリアを投入し、前線を2トップに変更。勝ち点3を狙い、攻撃の圧力を強めていった。

 しかし同22分、痛恨の失点を喫してしまう。クロスボールから中央で相手MFネマニャ・マクシモビッチをフリーにしてしまい、ヘディングシュートを叩き込まれ先制点を許した。

 1点を追う形となったマジョルカだが、その後も攻撃のギアは上がらず、ヘタフェの堅守の前に単発の仕掛けを繰り返すばかり。久保も相手の激しい守備の前に思うようにプレーさせてもらえなかった。

 試合はこのまま0-1で終了。3試合ぶりの黒星となったマジョルカは勝ち点を「22」から上積みできず、順位は降格圏の18位のまま。17位セルタとの勝ち点差は「3」に広がった。

Football ZONE web編集部