ヘタフェ戦で2戦連続先発の久保、終了間際に倒されたシーンを巡りマジョルカ退場劇

 スペイン1部マジョルカは現地時間1日、リーガ・エスパニョーラ第26節でヘタフェと対戦し、日本代表MF久保建英が先発フル出場を果たすも、ホームで0-1と敗れた。終了間際、久保が倒されたシーンを巡って退場騒動が起き、「久保建英へのファウル疑惑に猛抗議」とスペインメディア「Fichajes」も注目を寄せている。

 前節ベティス戦(3-3)で1ゴール1アシストと活躍した久保はヘタフェ戦で2試合連続スタメン。後半22分、相手MFネマニャ・マクシモビッチにヘディングシュートを叩き込まれて失点した一方、右サイドハーフで出場した久保は随所で存在感を放った。

 マジョルカが0-1と劣勢で迎えた後半44分に問題のシーンが起きる。久保が左サイドでドリブル突破を仕掛けた際、相手MFオゲネカロ・エテボに背後から押されて転倒。主審が笛を吹き、相手のファウルかと思われたが、逆に久保のファウルとみなされている。不満な表情を見せた久保は、笑顔でハグしようとしてきたエテボを拒否し、一触即発のムードが漂う事態となった。

 直後、マジョルカベンチも抗議の姿勢を見せ、先発出場でベンチに退いていたFWクチョ・エルナンデスにイエローカードが提示。また、同じく途中交代で戦況を見守っていたMFサルバ・セビージャは連続イエローカードで、ベンチにいながら退場処分を受けた。

 スペインメディア「Fichajes」は「ヘタフェがマジョルカを屈服させる」と見出しを立てて報道。「前半は特に目立った動きはなかった。ホセ・ボルダラス監督が率いるチームが相手のラッシュを抑えていたからだ」と説明しつつ、決勝ゴールが生まれた後半について言及。そのなかで終盤の問題シーンに触れ、「久保建英へのファウル疑惑にミッドフィルダーが猛抗議したため、主審はベンチにいたサルバ・セビージャを結局退場させた」と記している。

 残留争いのなか、ホームで手痛い敗戦を喫したマジョルカだが、珍しいベンチ退場劇は現地スペインでも話題となっている。

Football ZONE web編集部