オフの日常を切り取った笑顔の1枚を公開

 オランダ1部PSVの日本代表MF堂安律が、自身の公式インスタグラムを更新。満面の笑顔での1枚を公開し、「天使」「最高の癒やし」と反響を呼んでいる。

 堂安は昨夏、フローニンゲンから国内の強豪PSVに移籍。今季ここまで20試合3得点を記録している。現地時間1日に行われたフェイエノールトとの上位対決では、試合終了間際に途中出場したものの、チームは1-1のドローに終わった。

 2020年に入ってからは先発出場のない堂安だが、リーグ戦は残り9試合となり、シーズンは終盤戦に突入していく。総力戦では堂安の活躍も不可欠となっていくはずだが、そんななか公式インスタグラムで「笑顔忘れず! Don’t forget to smile.」と綴り、1枚の写真を投稿。言葉通りの満面の笑顔を公開している。

 束の間のオフにリラックスして過ごす日常を切り取った1枚に、ファンからは「笑ってるところ見ると、こちらも笑顔になります」「天使」「かわいすぎる」「これでこそ堂安律」「最高の癒やし」「素敵な笑顔だいすきです」と反響が殺到。また、現在は世界的に新型コロナウイルスの流行という暗いニュースがあるなかということもあって、「何となく気持ちが落ち込んでいましたが、元気が出ました」「色々不便で不安な毎日だけど、笑顔を忘れずに!」というコメントも寄せられていた。

 PSVは現在リーグ暫定4位で、3位フェイエノールトとは勝ち点1差、1位アヤックスと2位AZとは勝ち点7差となっている。タイトルの可能性や来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権(2位以上)獲得を追い求め、堂安はシーズン終盤も笑顔を忘れることなく戦い続けてくれるはずだ。

Football ZONE web編集部