【スペイン発コラム】エイバル戦で殊勲の決勝ゴール、チームを今季アウェー初勝利に導く

 スペイン1部マジョルカは7日のリーガ・エスパニョーラ第27節で、シーズン開幕から12試合を戦うも2分10敗といまだ一度も勝利していない苦手のアウェーで、エイバルと戦った。

 ホームでの前節ヘタフェ戦に0-1で敗れたマジョルカは、6勝4分16敗の勝ち点22で降格圏内の18位に低迷。対するエイバルは、前節ホームでレバンテ相手に3-0の大勝を飾り、7勝6分12敗の勝ち点27で16位だった(※レアル・ソシエダ戦が大気汚染により3月10日に延期されているため消化試合が1試合少ない)。

 エイバル戦のキックオフ時間は現地13時。日本では土曜日21時からと非常に見やすい時間に設定され、日本代表MF久保建英(マジョルカ)とMF乾貴士(エイバル)の今季初となるスペイン1部リーグでの“日本人対決”が注目され、駐スペイン日本国特命全権大使も観戦に訪れていた。しかしエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は、前々節でバルセロナに0-5の惨敗を喫した翌週にレバンテ相手に結果を出したため、ほとんどメンバーを入れ替えず。そのため乾は2試合連続で招集外となり、“日本人対決”は実現しなかった。

 マジョルカのビセンテ・モレノ監督は、エイバル戦に予想外のシステムで臨んだ。4-4-2から5-3-2に変更し、出場停止のMFサルバ・セビージャに代えて、DFアレクサンダル・セドラルをCBの一角に起用。またフィジカル面に問題があり、ヘタフェ戦を欠場した9ゴールでチーム得点王のFWアンテ・ブディミルがスタメン復帰した。久保は3試合連続のスタメン出場を飾り、中盤右サイドでの先発となった。

 キックオフ前から雨が続き、やや悪天候の中で試合はスタート。久保は前半、激しいチェックを受けて簡単にはプレーさせてもらえなかったが、前半32分に右サイドを突破してDFルーマー・アグベニェヌのシュートチャンスを作ると、同41分には敵陣での久保の仕掛けから相手のファウルを誘発。そのFKをMFダニ・ロドリゲスが直接決め、マジョルカが先制した。

 後半はエイバルが前に出てきたことで、久保もチームとともに守備に追われる時間が長かった。しかし自陣から勇猛果敢にドリブルを仕掛けた直後の後半33分、右サイドで巧みなボールカットを見せて駆け上がったMFアレハンドロ・ポソのパスをペナルティーエリア正面で受けると、相手DF2人と対峙しながら素早くシュートコースを見つけて右足を振り抜き、左ポストに当てながら決勝点を記録した。久保はその後、同37分にこの日がマジョルカデビューとなった元韓国代表MFキ・ソンヨンと交代している。

左足を警戒されるなか「右足を使えることを分からせるのが大事」

 リーガ3点目を記録した久保は試合後、「その前のドリブルで失敗し、少し落ち込んでいた部分もあったが、ポソ選手が中に切れ込んできてくれた。スピードのある選手なので中で待っていればパスをくれると思った。その後は左を切られていると思ったので、中に切り返し、あとは蹴ったら入った」と冷静に振り返った。

 2節前のベティス戦に続き、利き足とは逆の右足でシュートを決めたことについては「ノーフェイクで簡単に左足というにはもう(シュートコースを)切られると思うので、右足を使えることを(相手に)分からせるのが大事だと思う」と力強く語っていた。またエイバル戦では久保の守備面での貢献も光ったが、その理由について「週の半ばに監督から守備面を改善する必要があると言われ、守備面を改善できる映像を見せてもらった。そのことを頭に入れていたし、今日は上手くやることができたと思う」と明かしていた。

 マジョルカは特に後半、エイバルの強い圧力を受けたものの、5バックのシステムが上手く機能した。後半アディショナルタイムに1点を返されたが、久保の2得点に絡む活躍により2-1で勝利し、今季13試合目にしてアウェー初勝利を成し遂げた。通算成績は7勝4分16敗で勝ち点を25に伸ばし、順位は降格圏内の18位のままだが、17位セルタとの勝ち点差を「1」に縮めている。

 久保は残留争いの直接対決を制したことについて、「次のバルセロナ戦は非常に難しい試合になると思うが、その前に勝ち点3を拾い、弾みをつけられたことは優位に働くと思う。直接対決だったし、エイバルを下に落とすではないが、自分たちがのし上がるためには誰かを落とさなければいけない。今日はそういった意味でも、非常に意味のある勝ち点3だったと思っている」と感想を述べた。

 さらにエイバル戦がマジョルカでの自己ベストゲームかについて問われると、久保は「今の時点ではベストかどうかを言うことはできないが、結果、そして守備に貢献できたので、ベストゲームの一つと言うことができる」と、この日のパフォーマンスに納得した様子だった。

 試合翌日の現地紙は試合を決めた久保のパフォーマンスを高く評価。スペイン紙「AS」は、この日ピッチに立ったマジョルカとエイバルの全26選手の中で、久保に唯一の最高点(最高3点)をつけ、「クオリティーの高さを示し、マジョルカの2点目を決めた。並外れて素晴らしいタレントだ」と絶賛した。

 スペイン紙「マルカ」は、久保をチームトップタイの2点(最高3点)と評価。その他ではポソ、DFマルティン・ヴァリエント、アグベニェヌ、ダニ・ロドリゲス、FWクチョ・エルナンデスの5選手が同じ評価だった。

現地記者が称賛 「攻撃と守備のコンセプトを取り入れながら成長し続けている」

 地元マジョルカのウェブメディア「フットボール・マジョルカ」のアルベルト・セルコス記者は試合後、「タケ・クボは今日、間違いなくマジョルカで最も素晴らしいゲームをやったプレーヤーだった。日々マジョルカの攻撃と守備のコンセプトを取り入れながら成長し続けている。ゴールを決め、試合のMVPだったと思うよ」と称賛した。

 マジョルカは14日のリーグ第28節で、ホームにバルセロナを迎える。昨年12月に行われた前半戦の対決で、久保はレアル・マドリードに入団したことによりカンプ・ノウのサポーターから終始激しいブーイングを浴びせられたが、それはある意味、実力が認められていることの証明でもあった。右足のシュートという新たな武器を身につけて進化し続ける久保にとって、次節は古巣相手に成長した姿を見せる絶好のチャンス。チームにとっては、2-5で敗れた前回対戦のリベンジマッチとなる。

Football ZONE web編集部