五輪延期が決定するなかで東京世代の3ショットを公開

 東京五輪は24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて今夏の開催を延期する方針でIOCに承認された。すでにA代表の主力で、U-23日本代表のエース候補として活躍を期待されていたオランダ1部PSVのMF堂安律は、自身のインスタグラムを更新。同じオランダでプレーする東京五輪世代のMF中山雄太(ズウォレ)、DF板倉滉(フローニンゲン)との3ショットを公開した。

 今夏開催予定だった東京五輪は、24日に安倍晋三首相とIOCバッハ会長が電話会談を行い、1年程度の延期をする方針で決定。U-23日本代表を率いる森保監督は「東京五輪開催時によりパワーを持って臨めるよう、これまで積み重ねたものをさらに積み上げていきます」と決意を新たにしていた。サッカー界では同じく今夏に行われる予定だった欧州選手権(EURO)やコパ・アメリカの来年への延期がすでに決まっていた。

 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスだが、現在は各国のリーグ戦をはじめ、国際試合なども中断。U-23日本代表が3月に臨む予定だった国際親善試合2試合(27日南アフリカ戦、30日コートジボワール戦)も中止となった。今回の強化試合は国際Aマッチ期間に行われるため、A代表常連である堂安や、MF久保建英(マジョルカ)、板倉らの招集も可能で貴重な合宿となる予定だったが、それだけでなく、五輪本番が来夏までの延期となってしまった。

 そんななか、堂安は「#throwback」と題して中山、板倉との3ショットを投稿。過去に撮った東京五輪トリオの振り返りと思われる一枚を公開した。フローニンゲンに在籍する板倉とズウォレに所属する中山とのオランダ組。五輪の延期が決定したタイミングで17年のU-20ワールドカップ韓国大会メンバーでもある3人が揃った一枚に大きな反響が寄せられている。

 ファンからは「みんな一緒に五輪のピッチで見れますように」「素敵」「オリンピックでもこの3人の笑顔が見れますように」「大切な仲間だね」「このスリーショット最高」など歓喜するコメントが相次いだ。

 五輪の男子サッカーには年齢制限があり、1997年1月1日以降に生まれた選手が本大会に参加できることになっている。これに年齢制限のないオーバーエイジ枠3人を含めた18人が本大会で登録可能。現行規定のままだと、来年開催される五輪には97年生まれの中山と板倉は出場できないことになる。特例が設けられるかは不透明だが、この3人が本番で揃うことをファンも願っているようだ。

Football ZONE web編集部