ローマに期限付き移籍中のDFスモーリング、アーセナルがマンUに対してすでに提案か

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルは、同リーグのマンチェスター・ユナイテッドからローマに期限付き移籍中のイングランド代表DFクリス・スモーリングの獲得を狙っていると英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 スモーリングは今季ローマに期限付き移籍すると、リーグ戦やUEFAヨーロッパリーグ(EL)で出場を重ねて主力に定着。先日にはイタリアメディアでローマが完全移籍での獲得を熱望していると報じていた。

 一方でスモーリングの期限付き移籍には買い取りオプションが付帯しておらず、今季が終了すれば保有権がユナイテッドに戻る。他クラブもローマと同条件で交渉が行えるなか、アーセナルは3000万ユーロ(約36億円)ほどの提案をすでにユナイテッドに対して行っているようだ。

 ローマが獲得を目指すとされた報道では、手取り300万ユーロ(約3億6000万円)ほどの年俸もスモーリング獲得への障害だという。現時点でフィットしているローマと、勝手知ったるプレミアのライバルクラブからのオファーとなるスモーリングは、次のキャリアの心配をせずにオファーを吟味することもできそうな情勢だ。

Football ZONE web編集部