久保が今季リーグ戦で見せた「TOP5スキル」を「DAZN」が選出

 マジョルカの日本代表MF久保建英は今季、リーガ・エスパニョーラ初挑戦で3ゴール3アシストの記録を残している。昨夏にFC東京からレアル・マドリードへ渡った18歳MFは、初挑戦のリーガ・エスパニョーラでも堂々とプレー。そのなかでも、久保が今季見せたトップ5スキルを「DAZN」が選出している。

 まず、最初に選ばれたのは2019年11月10日に行われたリーグ第13節ビジャレアル戦(3-1)でPKを奪取したシーン。この試合でスペイン初ゴールもマークした久保は、前半13分に先制点をもたらす。自身が蹴った左CKのこぼれ球を拾った久保は、瞬発力のあるスピードで相手MFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサを振り切り、ペナルティーエリア内に侵入。詰めてきた相手MFジェラール・モレノも鋭いフェイントでかわすと、相手MFビセンテ・イボーラに足をかけられて転倒し、これがPK判定となった。エリア内での華麗な2人抜きを見せた久保は、2-1とリードした後半8分にゴールも決め、全得点に絡む活躍だった。

 続いて選出されたのは、同12月21日の第18節セビージャ戦(0-2)で、元レアル・マドリードの相手DFセルヒオ・レギロンを翻弄したドリブル。前半3分に右サイドを突破すると、ゴール前にラストパスを送った。パスターゲットとなったFWラゴ・ジュニオールは合わせるだけの状況でシュートを外したが、久保の“魔法ドリブル”が光った一戦だった。

 3つ目は同11月30日の第15節ベティス戦(1-2)の鮮やかな“回転スキル”。1点ビハインドで迎えた前半15分、マジョルカはサイドチェンジから右サイドに振ると、DFフラン・ガメスからエリア内にスルーパスを供給。そこに走り込んだ久保は、相手ゴールに背を向けた状態でボールを受けたが、左足の裏でトラップすると同時に鋭く反転。マークについたメキシコ代表MFアンドレス・グアルダードを軽やかな回転スキルで手玉に取り、左足でシュートを放った。

PK奪取シーンにダブルタッチ…前半戦で披露したスキル

 次に見せたのは19年9月13日の第4節アスレティック・ビルバオ戦(0-0)だ。リーガ2試合目の出場だった一戦でもファウルを誘発してPKを獲得している。ベンチスタートだった久保に出番が回ってきたのは0-0で迎えた後半18分。右サイドハーフに入ると同35分だった。ペナルティーエリア手前右でボールを受け、細かいタッチでドリブル突破。フェイントから縦に持ち出し、相手DFユーリのファウルを誘発してPKを獲得した。これをキッカーのスペイン人FWアブドン・プラツは外してしまったが、存在感を発揮し、マジョルカに欠かせない選手だと証明したシーンだ。

 最後は同10月26日の第10節レガネス戦で披露したダブルタッチ。この一戦もベンチスタートだった久保は1点ビハインドの後半14分から登場。そして後半42分、絶妙なトラップで足元にボールを収め、小刻みなタッチで右サイドからカットインした。対峙したアルゼンチン代表DFホナタン・シルバの逆をとり、カバーにきたスペイン人MFレシオとの間をダブルタッチでの突破を図る技術の高さを発揮した。

 現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中断しているが、再開後の久保がどんなプレーを見せるのか。残りシーズンも注目度は高いはずだ。

Football ZONE web編集部