新型コロナウイルスの影響により、6月&7月に予定されていた公式戦の開催は見送り

 日本サッカー協会(JFA)は1日、U-23日本代表が7月17日にノエビアスタジアム神戸(兵庫)で臨む予定だった国際親善試合を中止すると発表した。さらに、6月に予定されていたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼2023年AFCアジアカップ中国大会予選の2試合も延期すると決定。3月のアジア2次予選2試合の延期に続いて、6月の延期も決定したため、9月の国際Aマッチウィークから予定されていた最終予選にも影響が出てきそうだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、東京五輪の来年への延期が決定した。U-23日本代表は、3月にも京都のサンガスタジアムby KYOCERAでU-23南アフリカ代表と、博多の森球技場でU-23コートジボワール代表と対戦予定だったが、中止。これに続いて、五輪直前の強化期間で行う予定だった7月17日の国際親善試合も開催がなくなった。U-23日本代表の今後の活動については、決定次第発表される。

 さらに、A代表が臨む予定だった6月のW杯アジア2次予選も延期が決定。同4日のタジキスタン戦(ノエビアスタジアム神戸)と9日のキルギス戦(パナソニックスタジアム吹田)はそれぞれ同国連盟と協議の結果、正式に決まった。3月のW杯アジア2次予選も2試合延期されているため、9月から始まる予定だった最終予選の影響も計り知れない。試合の新たな日程については決定後、改めて発表される。

Football ZONE web編集部