アヤックス時代のデ・ヨング、レアル戦で見せた美技動画をCL公式SNSが投稿

 バルセロナは今季のリーガ・エスパニョーラで、第27節終了時点で2位レアル・マドリードに勝ち点2差をつけて首位に立っている。リーグ3連覇に向けて好位置につける今季のチームで、バルサの生命線と言える中盤を支えるのが加入1年目のオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだ。12日に23歳の誕生日を迎えたなか、UEFAチャンピオンズリーグ公式SNSはアヤックスに在籍していた昨季のレアル戦で、デ・ヨングが対峙したクロアチア代表MFルカ・モドリッチを二度手玉に取ったシーンに再注目。動画を公開すると、ファンからは「モドリッチを打ちのめした」「未来のイニエスタ」といった声が上がった。

 デ・ヨングは2016年に母国の名門アヤックスに加入すると、昨季CLベスト4に躍進したチームで輝きを放ち、今季からバルセロナに移籍した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシらタレント揃いのチームでも、加入直後から存在感を発揮。開幕節のアスレティック・ビルバオ戦(0-1)でスタメンデビューを果たすと、試合を重ねるごとに存在感を高め、ここまでリーグ戦26試合に出場、CLも全7試合に出場と中盤の軸として確固たる地位を築いている。

 そんなデ・ヨングが、一躍その名を世界に轟かせた瞬間と言えるのが、アヤックスに所属していた昨季CLのラウンド16、レアルとの敵地第2戦だ。この試合を4-1で制したアヤックスは、2戦合計で5-3と逆転して8強に駒を進めたが、センセーショナルな試合結果とともに当時話題となったのが、デ・ヨングが前半に見せた二つのスキルだった。

 アヤックスが1-0とリードして迎えた前半12分、自陣ペナルティーエリア手前で相手FWヴィニシウス・ジュニオールの突破を食い止めると、目の前にボールがこぼれモドリッチと対峙。ボール奪取を狙って右足を出したモドリッチだったが、一瞬早く触ったデ・ヨングが右足でコントロールすると同時に、素早く左足で押し出す華麗な“ダブルタッチ”で抜き去ると、モドリッチは思わず転倒し尻餅をついた。

公開から約20時間で再生回数が520万回超え

 さらに同25分、自陣右サイドからパスを受けたデ・ヨングは、自身の左側からモドリッチにプレッシャーをかけられるも、巧みなボディフェイントで揺さぶり素早く右回りにターン。モドリッチを翻弄してドリブルで持ち上がり、パスをつないでいる。

 クロアチアの名手を二度も“無力化”したスキルは当時も注目を浴びたが、CL公式インスタグラムとツイッターが誕生日に合わせて映像を再投稿。インスタグラムは公開から約20時間で再生回数が520万回を超える大反響となっている。両SNSのコメント欄には、「なんて選手だ」「圧倒的に世界最高のミッドフィールダー! 議論の余地なし!」「未来のイニエスタ」「天才」「彼はモドリッチを打ちのめした」「ワールドクラス」「魔術師」などの賛辞が並んだ。

 現在は新型コロナウイルスの影響でリーガも中断しているが、再開後もデ・ヨングがバルサの浮沈のカギを握るのは間違いないだろう。

Football ZONE web編集部