33歳となったピケの“理想的な後釜”としてシュクリニアルが候補に

 スペインの強豪バルセロナは、今年33歳を迎えた元スペイン代表DFジェラール・ピケの理想的な後釜として、インテルに在籍するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの獲得を目指しているという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 今夏の移籍市場でインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得に本腰を入れているとされるバルセロナだが、ピケの後釜としてシュクリニアルもターゲットの1人として考えているようだ。

 シュクリニアルは、スロバキア代表の主軸としてプレーする25歳。母国のジリナでプロキャリアをスタートし、2016年にサンプドリアへと加入すると、1年目からリーグ戦35試合に出場して一気に評価を高めた。そして、17年夏には5年契約でインテルに加入。インテルでも最終ラインの一角として継続的にプレーし、今季もリーグ戦24試合に出場している。

 現在、市場価格で約5000万ユーロ(約58億円)の価値があるとされるシュクリニアルだが、イタリアメディア「カルチョメルカート・コム」によると、高額のオファーが提示された場合、インテルはシュクリニアルを売却する準備ができているという。

 インテルのアントニオ・コンテ監督はシュクリニアルの残留を望んでいるとされるが、今夏の移籍市場でバルセロナ移籍は実現するのだろうか。

Football ZONE web編集部