インテル移籍交渉に臨むビダル…自身の年俸は15億円を要求か

 インテルはバルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの獲得に迫っていると報じられている。しかし、スペイン紙「マルカ」によると、ビダルが要求している金額が、契約合意の最後のハードルになっているようだ。

 記事によると、インテルとバルセロナの両クラブにおける交渉は順調に進んでいるという。バルサはインテルからアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得を目指しており、ビダルの移籍金もこの次の交渉の一部に使われる見込みだという。

 しかし、ビダルがインテルの選手になるために残っているハードルは、ビダル自身の給料のようだ。チリ代表MFは、年俸で1300万ユーロ(約15億円)を要求しているという。この金額は、彼がバイエルン時代に得ていたのと同額だという。

 現在のインテルの最高給は、年俸1200万ユーロ(約14億円)のベルギー代表FWロメル・ルカクとなっている。それでも、チリ紙「ラ・クアルタ」はインテルのアントニオ・コンテ監督とビダルがこの数週の間に電話で前向きな話し合いの場を持ったとしている。

 リーガ・エスパニョーラ再開に向けて、個人でのトレーニングを行っているビダルだが、来シーズンまでに交渉がまとまり、イタリアでプレーすることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部