リークされたシティのサードユニフォームに世界が騒然「コロナ模様のユニフォームを着用するのか?」

 マンチェスター・シティの新ユニフォームがリークされ、その斬新なデザインが話題を呼んでいる。反響は国内にとどまらず世界にも拡がっており、海外メディアは「細菌、布団、アメーバ、テーブルクロス…シティの新たなサードユニフォームは奇妙なデザインとなっている」と大々的に取り上げている。

 プレミアリーグ連覇中のシティだが、今季は首位のリバプールに大きく差をつけられており、終盤戦の段階で勝ち点25差と、3連覇は厳しい状況にある。そんななか、シティは2020-21シーズンの新ユニフォームがリークされ、英紙「ザ・サン」は「まるで顕微鏡で見たバクテリア」と大々的に取り上げていた。さらに、新ユニフォームのデザインの反響は世界でも拡大している。

 ロシア放送局「RT」は「シティは来季、細菌模様のユニフォームを着用するのか?」と、独特な絵柄に注目を寄せていた。また、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「細菌、布団、アメーバ、テーブルクロス…シティの新たなサードユニフォームは奇妙なデザインとなっている」と見出しを打って取り上げている。

 最近はマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなど、国内もライバルクラブも来季の新ユニフォームのデザインが公となり、ファンやメディアの中で賛否両論となっていたが、デザインのインパクトの面で言えば、強烈な印象という意味ではシティに軍配が上がったとも言えるかもしれない。

Football ZONE web編集部