シーズン再開に向けて高まる期待、スペイン紙の表紙で久保やメッシらを揃って紹介

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英はチームでのトレーニングを再開させているなか、24日付のスペイン全国紙「AS」表紙に登場した。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら世界のスーパースターたちとの“共演”ショットが反響を呼んでいる。

 久保は2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍。シーズン開幕直後にマジョルカへ1年間のレンタル移籍が決まると、昨年11月10日の第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げた。その後、ここまでリーグ戦24試合で3点をマークしている。

 新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断していたなか、再開に向けて各クラブがトレーニングを再開。マジョルカも9日から個別練習をスタートさせ、久保も軽快な動きを見せるなど期待が高まっている。

 そのなかでスペイン紙「AS」公式インスタグラムが「これは5月24日日曜日、今日の表紙です」と1枚の写真をアップ。シーズン再開に向けて動き出しているなか、「リーガが戻ってくる」という特集を組んだ。

 そのなかでメッシ、レアルの元フランス代表FWカリム・ベンゼマらリーグを象徴するスーパースターらが揃うなか、最前列で登場しているのが久保だ。マジョルカのユニフォームに身を包んだ日本人アタッカーがドリブルしている瞬間を捉えている。

 コメント欄では「サッカーの王様メッシが帰ってくる」「クールだ」などの声が上がった一方、「タケおるやん」と久保の存在にも注目が集まっていた。

Football ZONE web編集部