ドイツの移籍情報専門サイト「transfermarkt」が推定市場価格を発表

 ドイツ移籍情報専門サイト「transfermarkt」では、選手の年齢や過去の実績などを踏まえ、移籍マーケットにおける推定市場価格を独自算出している。5月24日、アジア選手を対象とした最新の推定市場価格を発表。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミン(6400万ユーロ/約75億円)が断トツ1位に輝いた。ポルトの日本代表MF中島翔哉(1600万ユーロ/約18億8000万円)が2位にランクインしたなか、韓国メディアは「ソン・フンミンは中島の4倍の価値」と報じている。

 1位はプレミアリーグで3年連続二桁ゴールを挙げ、今季も21試合9得点を挙げているソン・フンミンが断トツの1位。アジア人史上最高の選手とも言われるだけに、75億円も納得の査定か。昨夏にポルトへ移籍した中島が2位、ゼニトのイラン代表FWサルダル・アズムン(1450万ユーロ/約17億円)が3位となった。

 4位は1350万ユーロ(約15億8000万円)でボローニャの日本代表DF冨安健洋、マジョルカの日本代表DF久保建英、バレンシアの韓国代表MFイ・ガンインの3人が並んだ。その他、上位15位以内には7位にリバプールの日本代表MF南野拓実(1000万ユーロ/約11億7000万円)、10位にフランクフルトの日本代表MF鎌田大地(800万ユーロ/約9億4000万円)、15位にPSVの日本代表MF堂安律(630万ユーロ/約7億4000万円)が入った。

 韓国紙「東亜日報」は「ソン・フンミンはショウヤ・ナカジマの4倍の価値」と見出しを打ち、「トッテナム・ホットスパーのソン・フンミンは、ヨーロッパでプレーする最も価値の高いアジア人選手だ。推定市場価格は6400万ユーロ。これは2番目にランクされたショウヤ・ナカジマの4倍だ。ソン・フンミンの価値は日本人選手上位5人の合計よりも高かった。ソン・フンミンは全体で32位、左ウイング部門では7位にランクインした」と、母国の英雄ソン・フンミンを大きく取り上げていた。

Football ZONE web編集部