大槻監督がJリーグ再開に向けたトレーニングに言及 「やることは多い」

 浦和レッズの大槻毅監督は、新型コロナウイルスの感染拡大により停止していた活動が再開したことを受け、「また仕事ができる環境は、いろいろな人の努力や行動によってのもの」と感謝の言葉を残し、7月4日のJ1リーグ再開に向けた準備のポイントなどを話した。

 大槻監督は昨季5月末にオズワルド・オリヴェイラ監督の契約解除を受けて就任。AFCチャンピオンズリーグで準優勝の結果を残した一方、リーグ戦では苦戦を強いられ、最終節まで残留が確定しなかった。今季はシーズンオフのキャンプで4バックを導入するなど改革に乗り出し、2月には公式戦2連勝のスタートを切ったものの、新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢を受けて活動が停止になっていた。

 27日から活動を再開した浦和だが、現時点ではフィールドプレーヤー6人か7人にGKを1人加えた構成を4グループ作ってトレーニングをしていると話す。その理由を「感染した場合のリスクを考えたもの。何かがあった時に被害を最小限にすること」と話した。そして、ここからリーグ再開に向けてのチーム構築についてのプランは、クラブとの話し合いも行われていると話している。

「クラブ内でそれぞれのフェーズでミーティングをして、それが変わる時に判断していくプロトコルを話し合いながら作ってきた。今の段階では、キャンプをやってシーズンに向かうのとは同じでないと思う。クラブハウスの使用が制限されているので、限られた時間や回数でのセッションで試合に向かうことになる。トレーナーも選手をフルに触れない。メディカルの部分も試合が近づくにつれて、段階を経ること。それを試合に向けてやっていきたい」

 4月上旬からそれぞれが自宅待機で個別にトレーニングを行う状態だったことで、「戦術などに頭がいきがちかもしれないが、フィットネスにもばらつきはある。それを整えることも含めてやることは多いと思う」と、大槻監督は負傷者を出さないためのケアも必要だと話す。

 一方で、この期間にクラブや選手がSNSなどを使用しながら発信してきたことに対しては、誇らしい思いがあると話した。

無観客試合は「また皆さんに来ていただくためのスタート地点」

「様々な取り組みにチャレンジして発信してくれたことに感謝しているし、少なからず驚きもあった。地域の子供たちへの働きかけなど、浦和レッズの一員として社会に貢献しようという姿勢を誇らしく感じた。クラブが現場を支えようとしてくれたし、地域やサポーターへの発信をどうにかやっていきたいと。そういうものを今回、再確認できた。浦和レッズが地域や社会に関わって貢献する使命を持ったクラブだと、改めて確認できた」

 7月4日の再開初戦は、無観客試合となる。浦和は2014年に罰則の一環として無観客試合を行った経験があるが、そのスタジアムにいたという大槻監督は「今回は先につながって、また皆さんに来ていただくためのスタート地点」と話す。

 活動再開について「サッカーができる日が来たことに対する喜びがあった。また仕事ができる環境はいろいろな人の努力や行動によってのもの」と話す大槻監督に率いられ、浦和も全体練習を行う日常に少しずつ近づいている。