2024-25シーズンまでの契約延長に近付くと報じられる

 リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがクラブとの契約延長に向かっていると英紙「ザ・サン」が報じた。記事によれば、新契約での週給は22万ポンド(約3000万円)でクラブ史上最高額の給与になるという。

 ファン・ダイクは2018年1月にサウサンプトンから移籍。移籍金は当時のDF史上最高額となる7500万ポンド(約100億円)だった。

 昨季はリバプールのUEFAチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献し、バロンドール投票ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位に入る充実のシーズンを過ごした。

 世界最高のセンターバックとの評価も確立した28歳は、キャリアのピークをリバプールで過ごす決意を固めたようだ。報道によれば、ファン・ダイクは今夏に2024-25シーズンまでとなる新たな5年契約を結ぶことになりそうだという。新契約では週給が22万ポンド(約3000万円)まで上がるとされ、エジプト代表FWモハメド・サラー(週給20万ポンド)を抜いてクラブ歴代最高給取りの選手となるようだ。

Football ZONE web編集部