敵地パーダーボルン戦で5-1勝利、大迫は後半32分までプレーして1ゴール

 日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは、現地時間13日のブンデスリーガ第31節でパーダーボルンと対戦し、5-1と勝利を収めて残留争いのなかで貴重な勝ち点3を獲得した。大迫は前半34分に追加点を奪い今季5ゴール目をマークし、勝利に大きく貢献している。

 新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズンが再開し、ブンデスリーガは終盤を迎えているなか、自動降格圏の17位ブレーメンは敵地で18位パーダーボルンと対戦。前半20分にMFデイヴィ・クラーセンのゴールでブレーメンが先制すると、同34分に日本人ストライカーが存在感を放つ。

 敵陣中央から崩しにかかったブレーメンは、アメリカ代表FWジョシュ・サージェントがエリア右サイドでボールを受けて、鋭い切り返しからシュートを放つ。これは相手GKの好セーブに阻まれるも、こぼれ球に誰よりも早く反応したのが大迫だ。ゴール前でのチャンスを逃さず、素早く的確な一撃でゴールに流し込んだ。

 チームは3-0で前半を折り返し、後半14分にも追加点。その後1点を返されたものの、終了間際にダメ押しのゴールを奪い、ブレーメンが5-1と大勝した。

 2019年11月23日の第12節シャルケ戦以来、約7カ月ぶりのリーグ戦ゴールを決めた大迫は今季5ゴール目をマークし、後半32分までプレー。日本代表FWの一撃にコロンビアメディア「Habla Deportes」公式ツイッターが反応し、「ユウヤ・オオサコの正確なショットにアウェーを訪れたファンが歓喜」と伝えている。

 大迫と残留争い中のブレーメンにとって、文字通り貴重な1勝となった。

Football ZONE web編集部