ヘルタ・ベルリン戦で鎌田が超絶プレー 海外絶賛止まず「今季ベストゴールの一つ」

 日本代表MF鎌田大地と元同MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、現地時間13日のブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンと対戦し、敵地で4-1と勝利した。鎌田が相手3人を手玉に取る超絶ドリブルからアシストをマークし、各国メディアで「やめてくれ、カマダ!」「守備を破壊」「今季ベストゴールの一つ」と反響が拡大している。

 長谷部が3バック中央、鎌田がトップ下で先発したフランクフルトは、前半24分に先制点を献上する苦しい展開となるも、前半終了間際に相手のベルギー代表DFデドリック・ボヤタが一発退場。数的有利となったフランクフルトが後半に入ると一気に巻き返し、4-1と逆転勝利を収めた。

 この一戦で最も注目を集めたのが日本人アタッカーだ。1-1で迎えた後半17分、相手エリア左でパスを受けた鎌田は、中央への鋭いカットインで1人目をかわすと、縦への急激な方向転換でエリア内に侵入。続けざまに2人目を抜き去ると、捨て身のタックルを見せた3人目も絶妙なタッチで翻弄し、3人抜きから中央へパスを供給した。最後はポルトガル代表FWアンドレ・シルバがバックヒールで流し込んだ。

 英誌「MUNDIAL」公式ツイッターは「鎌田大地とアンドレ・シルバが、ヘルタ・ベルリン戦でゴールを決めた。なんというゴールだ」と反応。また英メディア「BT Sport」公式ツイッターは「やめてくれ、カマダ! 日本代表はヘルタの守備を破壊した」と記し、造作もなく守備網を突破した鎌田のドリブルを称えている。

 衛星放送「スカイ・スポーツ」ドイツ版の公式ツイッターは「ドリブル大地! 素晴らしいドリブルから2点目を演出した」と名前をもじって賛辞を送れば、アメリカのスペイン語スポーツメディア「ESPN Deportes」は「鎌田の凄い動き。これは間違いなく今季ベストゴールの一つ」と高い評価を与えている。

 鎌田のプレーは世界中に衝撃を与え、反響は拡大しているようだ。

Football ZONE web編集部