久保が所属するマジョルカ戦で4-0勝利、大活躍を見せた“イメチェン”のメッシが話題

 バルセロナは現地時間13日、リーガ・エスパニョーラ第28節で日本代表MF久保建英が所属するマジョルカと対戦し、4-0と完勝した。この試合で1ゴール2アシストと3ゴールに関与したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの姿に注目が集まっており、海外メディアは「新しい髪型でヒゲもないメッシとともに、バルセロナがマジョルカを4-0で破った」と伝えている。

 新型コロナウイルスの影響により3月中旬からシーズンが中断していたなか、スペインでは11日から無観客でリーグ戦が再開。首位バルセロナは、降格圏の18位に沈むマジョルカの敵地に乗り込んだ。

 リーグ3連覇を見据えるバルセロナが再開初戦でも強さを見せつけたなか、エースFWが存在感を放つ。開始1分、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが先制ゴールを奪うと、前半37分にはメッシがヘディングのパスからお膳立てし、デンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテが追加点を決めた。

 後半に入ってもメッシが輝きを放つ。後半34分、敵陣でパスを受けたメッシは最終ライン裏に絶妙なパスを通し、スペイン代表DFジョルディ・アルバのゴールをアシスト。さらに後半アディショナルタイム、自らドリブルで持ち込み、逆足の右足でダメ押しの4ゴール目を叩き込んだ。

 ブラジルメディア「TERRA」は「新しい髪型でヒゲもないメッシとともに、バルセロナがマジョルカを4-0で破った」と“イメチェン姿”に反応。先日、約4年ぶりにヒゲを剃り落して話題となったメッシが、新ヘアスタイルとともに披露した圧巻のパフォーマンスに触れている。

「前半終了間際、メッシの才能がバルサの優位性を高めた。素早いヘディングのタッチで、デンマークのブライトバイテをフリーにして2-0とした」と1アシスト目を描写。さらに終盤のゴールに言及し、「一気にエリア内に侵入したアルゼンチン人が右足で蹴り込んだ。幸運にもボールがディフェンスに当たって隅に入った」と伝えている。

 今季リーグ戦で20ゴール目を奪ったメッシは得点ランキングで首位を堅持。2位の元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)に6ゴール差をつけており、7度目の得点王獲得に向けて邁進中だ。チームも勝ち点3を積み重ねており、再開初戦で好発進を切っている。

Football ZONE web編集部