バルセロナの下部組織時代に共闘したファティと再会 「2大宝石が初めてピッチで対面」

 日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは現地時間13日、リーガ・エスパニョーラ第28節でバルセロナと対戦し、0-4と敗れた。この一戦で久保が相手チームの神童FWと対面し、海外メディアは「未来のメッシとC・ロナウド? バルサとレアルの宝石、自撮りショットの裏話」とクローズアップしている。

「先週の土曜日、バルセロナとレアル・マドリードの2大宝石が初めてピッチで対面した」と伝えたのは、米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版だ。記事では、かつてバルセロナの下部組織に在籍した久保の来歴とともに、スペインU-21代表の17歳FWアンス・ファティとの再会に触れている。

「17歳のカタルーニャ期待のアンス・ファティと19歳のマドリッドの逸材・久保建英が、マジョルカ対バルサ戦で顔を合わせ、4-0でカタルーニャが勝利した。試合前、2人の自撮りが大きなハイライトになった」

 久保が先発フル出場をした一方、ファティに出番は訪れなかったが、海外メディアは試合前に2人がピッチ上で自撮り撮影をしていた光景に注目。「その写真の裏には歴史がある。2人はバルセロナの下部組織チームの仲間だったが、2015年にFIFA(国際サッカー連盟)によるバルサへの制裁の影響を受け、久保は日本に帰国してラ・マシアを離れることになった」と紹介している。

 久保とファティは、ともにバルセロナの原石として高い評価を得ていた。19年夏にFC東京からレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、ライバルとして古巣クラブと相まみえ、かつての戦友ファティとも邂逅を果たした。

海外メディアも神童コンビ対決に注目 「両者ともスペインの2大ライバルとして期待」

「2人は常にバルサの将来を担う存在として注目され、ファティは自分より一つ、二つ上のカテゴリーでプレーすることもあった。そのため、2歳年上の久保ともピッチで共演する機会もあった。しかし、2015年に久保が日本帰国を余儀なくされ、このコンビは解散してしまった」

 海外メディアは久保が12歳当時にファティと写っている写真とともに、今回の自撮りショットを並べて紹介。記事では「今では、両者ともスペインの2大ライバルとして期待されており、対戦相手として初対面を果たした」と、2人の物語を紐解いている。

 かつて同じチームでしのぎを削った久保とファティを「未来のメッシとC・ロナウド?」と紹介。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、かつてレアルでプレーしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを引き合いに出すなか、近い将来、神童と呼ばれた2人がビッグクラブのエース同士として対面する日が来るのだろうか。

Football ZONE web編集部